旅行記 鎌倉 歴史・文化・芸術 地域情報ポータルサイト ちよせ
このサイトについて 
トップ,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 食事処,gourmet,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 宿ホテル,hotel,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 名産,meisan,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 旅行記,report,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 写真,picture,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真 質問,question,食事,宿,ホテル,温泉,旅行記,名産,写真
鎌倉の旅行記【歴史・文化・芸術】

鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,数寄屋造りが素晴らしい『旧山本条太郎邸』
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
旅遊de道楽
鎌倉の旅行時期
2015/11/21~" . 2015/11/21
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

数寄屋造りが素晴らしい『旧山本条太郎邸』

満鉄総裁山本条太郎氏の別邸として大正7年に建築された邸宅である 『旧山本条太郎邸』。 敷地の広大さと、ほぼ現存するという建物の素晴らしさに惚れ惚れしました。 維持していくのは本当に大変でしょうが、まさか鎌倉の一等地にこんな広大な敷地をもつお屋敷が今でもあったとは、知りませんでした・・・。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 調査によってでてきた棟札。これで上棟年月日と設計、施...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 丁寧で繊細な様子がみてとれます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大広間が講演の場所でしたが、ここからは庭園が素晴らし...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大広間の欄間は、表千家残月亭の「踊り桐」の写しなんだ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大広間は数寄屋づくりで、天井は浮造りを施した玉杢とい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 こちらは「下地窓」。茶室に基づいているのだとか。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 小沢教授はテレビでもみたことありましたが、お話の内容...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 照明には遊び心でこんな意匠も♪本物じゃないです、飾り...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 邸内は素晴らしい紅葉でした♪
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 邸宅の入り口。表千家出入りの数寄屋大工の手により上質...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ここからお屋敷へと入ります。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 林のような木立が続いて、その奥に邸宅があるのですがと...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 こちらは居間。大広間と違ってこちらは書院造。角柱や角...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お茶室へとつづく階段。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 時代によって、ふすまの柄が違うそうです。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 この天井がまた見事でした!!
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 テレビドラマとかでも参考にされるのだとか。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 屋根が丸みをおびててとても面白い。お寺でよく使われる...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大広間から庭におりることができました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 庭の石は、古社寺の礎石を庭石に転用してるそうです。面...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 庭からの眺めはまた格別!
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 今日は、別荘文化史研究家の島本先生と東海大学の小沢朝...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 湘南邸園文化祭の一環で、『旧山本条太郎邸』を見学する...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 こちらはお茶室。明るく開放的なお茶室でした。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 海を見下ろすこの景色、いや~絶景かな絶景かな♪
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 建物を全体的に外から眺めることができないのが残念です...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 そして40メートルの高低差を生かして、どこからでも素...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 なんとも可愛らしい障子の模様♪
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 天井板も桐柾目の天井です。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉の長屋門巡り
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2010/01/11~" . 2010/09/20
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉の長屋門巡り

 鎌倉市内にも長屋門は残っている。旧鎌倉町(鎌倉中)には皆無であるが、鎌倉在(田舎)には今でも見られる。  江戸時代に多く建てられた長屋門は、元々は武家屋敷門として発生したが、郷村武士の家格をもつ家や、苗字帯刀を許された富裕な農家・名主でも長屋門は作られた。更に明治以後は他の富農の家屋敷にも作られるようになった。鎌倉市域の在郷の田舎に長屋門が残っているのはこうした武家屋敷と名主屋敷の名残であろう。  大船にある甘糟家長屋門は元々は武家屋敷に建てられた長屋門を引き継ぐものであろう。  手広にある内海家は、母屋は覚園寺境内に移築されているが、長屋門は残されたようだ。  城廻にある平井家の長屋門は2階建で堂々としている。  植木にある小阪家の長屋門も名主屋敷の名残だ。  植木にある貞宗寺の長屋門は貞宗院(家康の寵愛を受けた側室・お愛の方(西郷局)の実母)が大長寺四世暁誉源栄に帰依し、籠で岩瀬の大長寺の源栄の元にあしげく通っていた。その籠番を住まわせていたのがこの長屋門と伝えられている。今では廃屋同然の姿を見せている。もし、伝えられているように、400年以上も前に建てられた長屋門だとしたら非常に由緒あるものだ。 (表紙写真は内海家長屋門)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 内海家長屋門。 「内海家長屋門(鎌倉手広)」(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平井家長屋門。 「平井家長屋門(鎌倉城廻)」(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 小阪家長屋門。 「小坂家長屋門(鎌倉植木)」(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 甘糟家長屋門。 「甘糟家長屋門(大船)」(ht...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 貞宗寺の長屋門。 「貞宗寺の長屋門(鎌倉市植木...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉の切通巡り
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2010/01/10~" . 2012/04/12
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉の切通巡り

 鎌倉は三方を山に囲まれているために、山を切り開いて道が付けられている。これを「切通」と呼んでいる。一般には、巨福呂坂切通、化粧坂切通、亀ヶ谷坂切通、朝夷奈切通、名越切通、極楽寺坂切通、大仏坂切通を「鎌倉七口」と呼んでいるが、これは江戸時代に「京七口」になぞらえて名付けられたものであり、必ずしも鎌倉時代の鎌倉への出入り口を示している訳ではない。  注目すべき切通は、実は「二階堂切通」であるが、名前も付いていないほど忘れさられている。江戸時代に「鎌倉七口」の一つに加えられなかったためにこのような状態になっている。しかし、源頼朝が奥州平泉に出陣し凱旋した街道にあると考えられるので、治承4年(1180年)から文治5年(1189年)までの10年間に掘削された切通である可能性が高い。  また、釈迦堂口切通は隧道ではあるが切通の名を冠して呼ばれている。しかし、鎌倉時代にはこの隧道の上に釈迦堂小切通があるが、その後にできた隧道に名を譲ったのかも知れない。  これ以外にも、永福寺切通、大船の切通、高野の切通と谷戸坂の切通などが残っている。  切通には防御施設が設けられたとされるが、掘削した下の道を掘削されずに残された尾根から弓で射ればどこでも防御施設になり得る。しかし、朝夷奈切通や「二階堂切通」、巨福呂坂切通、大船の切通、高野の切通と谷戸坂の切通にはそうした施設はない(ようだ)。  また、切通には必ずやぐらがあるとするのもおかしい。鎌倉中にある「二階堂切通」にはやぐらは皆無であるし、高野の切通にもやぐらはないが、大船の切通の一方の入口にはやぐらがある。また、谷戸坂の切通、巨福呂坂切通、化粧坂切通にやぐらは見られないが数10mから100mも行けばやぐらが見られる。  単に、交通路として開かれた朝夷奈切通と「二階堂切通」、釈迦堂小切通(釈迦堂口切通)、大船の切通、高野の切通と谷戸坂の切通、鎌倉への出入り口として防御施設が設けられた名越切通、極楽寺坂切通、大仏坂切通があり、山ノ内への出入り口として掘削された巨福呂坂切通と亀ヶ谷坂切通、尾根に通った街道に上る化粧坂切通があったのだ。その多くは尾根道として鎌倉時代以前からあったのだが、鎌倉時代の道路整備で掘削して切通としたところが殆どであろう。朝夷奈切通のように長い距離の掘削は道路工事としては大規模なものとなるが、天園ハイキングコースに見られるように、岩を砕いて尾根道を平らにしているところは多々見られる。柔らかい鎌倉石を数m程度、掘削することは大規模な道路工事ということでもなく、普通にやられていたのであろう。 (表紙写真は「二階堂切通」)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 朝夷奈切通。鎌倉と六浦の港を結ぶ街道だ。 「朝夷奈...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「二階堂切通」。永福寺からの街道にあり、六国峠(天園...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 かつての釈迦堂口切通。上に見えるのが釈迦堂小切通。 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 釈迦堂小切通。 「大町釈迦堂口遺跡」(http...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 名越切通の大空洞(おおほうとう)。 こうした防御施設...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 巨福呂坂切通。 巨福呂坂洞門ができて消滅してしまっ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂切通。 「鎌倉化粧坂切通?春夏秋冬」(htt...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 亀ヶ谷坂切通。 峠から左に入るのが本来の切通であり、...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 極楽寺坂切通。 「鎌倉極楽寺坂切通」(http...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大仏坂切通。 「大仏坂切通?2011年夏」(htt...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 高野の切通。 「鎌倉高野の切通(長窪の切通)」(h...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 谷戸坂の切通。 「鎌倉谷戸坂の切通(鎖大師の切...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船の切通。 「鎌倉大船の切通?大船熊野神社裏から...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 永福寺切通。 永福寺から百八やぐらに向かう尾根道(...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,県立大磯城山公園:旧吉田茂邸と旧三井別邸
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
morino296
鎌倉の旅行時期
2017/07/05~" . 2017/07/05
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

県立大磯城山公園:旧吉田茂邸と旧三井別邸

県立大磯城山(じょうやま)公園は旧三井別邸地区と旧吉田茂邸地区の2つからなる9.9haにおよぶ広大な公園です。 旧吉田茂邸を見学した後、旧三井別邸地区を散策し、歴史に触れることが出来ました。 明治31年に、この地に三井財閥の当主が別荘を構え、全国の有名な古寺社の古材を用いて建てられた「城山荘」を始めとして、庭園の整備が進められましたが、時の流れとともに大部分の施設が他にわたり、その後、荒廃した時期もありましたが、昭和62年に県立の公園として開園しました。 さらに、平成25年に宰相吉田茂が住まいとしていた庭園が拡大整備され、 そして、今年平成29年4月1日から、焼失した旧吉田茂邸が再建され一般公開が始まりました。 コメントは、パンフレットや現地にある解説などを参考にしています。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 JR東海道線 大磯駅 明治期から別荘地・保養地...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯駅前のバス停 大磯駅から大磯城山公園(旧吉...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 正門 12:30頃到着 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 正門を入った所に咲く紫陽花...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 内門(兜門) 焼失を...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 内門の正面にある大きなカナ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 日本庭園 昭和36年...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 吉田茂が暮らした当時...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 玄関 吉田五十八の設...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 楓の間 昭和22年(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 楓の間 飾り棚には、...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 楓の間に飾られている衝立 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 楓の間 棚に飾られた吉田茂...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 楓の間から2Fへの階段
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 2F 書斎と南縁 こ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 2F書斎 掘り炬燵の...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 2F書斎の隣の浴室 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 庭の藤の木 この藤の...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 1F廊下に置かれているオブ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 礎石広場 焼失した吉...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 1Fの展示・休憩室に飾られ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 1Fの展示・休憩室に飾られ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 1Fの展示・休憩室に飾られ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 食堂(ローズルーム) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 食堂のガラス棚 吉田...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 食堂(ローズルーム)からの...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 玄関ホールの中庭の横の階段...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 新館2F 金の間 賓...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 金の間から眺める大磯の海 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 金の間 床の間に掛けられた...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 金の間からの眺め こ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 銀の間 吉田茂が寝室...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 銀の間 昭和42年(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 銀の間に隣接する浴室
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 食堂(ローズルーム) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯と吉田茂(大磯町教育委員会の解説シート) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 玄関ホールと中庭
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 玄関前の庭 邸内の観...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 焼失を名脱がれた七賢堂 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 吉田茂銅像 昭和58...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 戦前に外務官僚として...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 吉田茂銅像の前から望む海 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 日本庭園 心の字池から眺め...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 日本庭園に咲く花 ヒ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 日本庭園に咲く紫陽花
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 休憩所前に立つ吉田茂 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 13:50頃 団体さ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 駐車場の横にあるバラ園 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 正門を入った所の紫陽花 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区の入り口にある石碑 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園の案内図 旧三井別邸地区(図の上側...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 南門 公園の南側...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 南門を潜ると、静...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 展望台 展望台へ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 展望台の左横にある亀蔵...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 園内路脇の紫陽花
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 園内路脇の紫陽花
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 国府橋(こうのはし) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 アガパンサスが咲...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 北蔵ギャラリー ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 展望台 城山荘本...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 展望台からの眺望 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 ひかりの広場の横にある...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 大磯町郷土資料館 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 大磯町郷土資料館 玄関...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 大磯町郷土資料館 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 国宝茶室「如庵」跡 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平塚 銀座通りの七夕飾り用の竹竿 平塚では、竹...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平塚 銀座通り 城山公園前から平塚駅行きのバス...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平塚 紅谷町まちかど広場 この広場には、既に七...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧吉田茂邸 1F廊下に置かれている言葉...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧吉田茂邸 館内案内図
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯城山公園 旧三井別邸地区 城山荘本館の解説 ...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,旅する赤ちゃん?江の島道をゆく?
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
家守
鎌倉の旅行時期
2015/05/10~" . 2015/05/10
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

旅する赤ちゃん?江の島道をゆく?

夫婦のライフワークでもある街道歩き。細く長く2人とも15年近く続けています。赤ちゃんが生まれてからいつかは一緒に街道歩きを、と温めていたことを実行することにしました。選んだ街道は旧江の島道。旅する赤ちゃん街道をゆきます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旅の始まりは小田急江の島線藤沢本町駅。実は3ヶ月ほど...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 まずは旧東海道を歩きます。といっても赤ちゃんはベビー...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 常光寺には万治2年(1659)と寛文9年(1669)...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧東海道の藤沢宿をゆく。各種案内板を設置するなど、街...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 藤沢宿といえば時宗総本山遊行寺(清浄光寺)ですが、何...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 藤沢橋交差点先で国道を逸れて落ち着いた裏道をゆく。す...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧道は再び国道に合流する手前で、そのまま裏道をゆく。...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 その先に庚申堂。2年ほど前に庚申塔を見に訪れていると...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 道ゆく人も増えてきてだいぶ賑やかになってきた。時刻も...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 藤沢駅付近に到着。駅周辺にあるデパートの中から小田急...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お腹も膨れて再び街道歩きスタート。普通江の島に行くな...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧道を外れてちょっと立ち寄り。国道467号沿いの藤沢...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 しばらく道なりに進む。国道との交差点に新しくできたド...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島道沿いには、庚申塔や道標が多数見られます。その...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪神社上社という神社が街道沿いにあるが、ものすごい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪神社の先に密蔵寺。門前に弘法大師道と書かれた道標...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 水上バイクや上半身裸の男性が往来するなど、海が近くな...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 最後の立ち寄り。以前から気になっていた龍口寺に立ち寄...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 龍口寺前で江ノ電は専用軌道から車と同じ道を走る状態に...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 いつも人で賑わう江ノ電江の島駅に到着。そのままスルー...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 国道134号の地下道をくぐってついに江の島間近到着!...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ところがしばらく歩くと江の島に上陸するには段差があり...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 だんだん道が狭くなってきて旧道らしくなってきた。道の...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 右手に江の島弁財天道標。反対側から来ると見逃しそうな...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉へ 2017.06.03 後編
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
てんとう虫
鎌倉の旅行時期
2017/06/03~" . 2017/06/03
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉へ 2017.06.03 後編

暑くても雨が降っても移動が大変なので梅雨に入る前に鎌倉へ行って来ました。 レンタサイクルで市内をウロウロ…。後編は、通常あまり行かないところに行って来ました。 ★鎌倉市観光協会のHPです。 http://kamakura-info.jp/ ★鎌倉宮のHPです。 http://www.kamakuraguu.jp/ ★瑞泉寺のHPです。 http://www.kamakura-zuisenji.or.jp/
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 自転車を借りた時にいただいた地図にこの“鎌倉宮”が載...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 “鎌倉宮”の説明です。 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 境内をウロウロ…。 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 “舞姫”の説明です。 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 “舞姫” 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 “鎌倉宮”からその先ある“瑞泉寺”へ。 瑞泉寺...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 緑がいっぱいのお寺です。 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 “瑞泉寺”の説明です。 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 瑞泉寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ふと立ち寄った“八雲神社”です。 八雲神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八雲神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八雲神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八雲神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八雲神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八雲神社 見学後、無事自転車を返却して昼食。 ...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉へ 2017.06.03 前編
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
てんとう虫
鎌倉の旅行時期
2017/06/03~" . 2017/06/03
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉へ 2017.06.03 前編

暑くても雨が降っても移動が大変なので梅雨に入る前に鎌倉へ行って来ました。 ★鎌倉市観光協会のHPです。 http://kamakura-info.jp/
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 前回と同じ東京上野ライン乗り入れの古河行に乗って来ま...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉駅近くでレンタサイクルを借り、海岸に来ました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 R134を走って来ました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 うる覚えの成就院の場所が間違っていて、少し大回りをし...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 紫陽花が綺麗でした。 成就院
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 前回(4年前)に来た時は紫陽花が綺麗だったのですが…...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 御霊神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 御霊神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 御霊神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江ノ電と紫陽花を撮りたくて来ました。 御霊神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 朝早かったからでしょうか。 撮影している方が少なか...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺に来ました。 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 待ち時間なしで見ることが出来ました。 ゾロゾロと歩...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ゆっくりと回れました。 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 見物人が、ほとんどいません。 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 次は何処へ行こうかな。 長谷寺
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,扇ノ井(鎌倉十井)
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2011/09/24~" . 2011/09/24
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

扇ノ井(鎌倉十井)

 鎌倉市扇ガ谷2にある扇ノ井は扇ガ谷の地名の起こりになったと言われている。亀ヶ谷坂と相馬次郎師常墓参道との間の小路にある。扇ノ井は確かに扇形をしているが、それで名前が付いたとも、あるいは、源義経の愛妾静御前が扇を納めたからとか静御前と結び付けた説も言われている。平成の始め頃までは水が飲めたが、今は扉窓を開けて見るとほこりが浮かび、もう飲むことはできない。800年も飲んできた井戸の水が飲めなくなったのであるから、全く残念なことである。  それでも、この扇ノ井がある地は鎌倉では稀有の場所であったので感激した。鎌倉十井と呼ばれた井戸が800年を経ても残っている以上に、ここ本田家が800年もこの地に住み続けていることも驚きだ。また、扇ノ井の向かって左側には入口の小さなやぐらがあるが、奥にも堀られた凸形をしており、その広さは鎌倉では最大級である。やぐらは2段になっており、上段には本田(本多)家の御先祖様と思しき墓石が並んでいる。丁度、浄光明寺阿弥陀堂(仏殿)横にあるやぐらの中の大伴神主家墓所の墓石と同じ材質のように見える。扇ノ井の右側には2階建(造り)になったやぐらがある。これほど大型の2階建(造り)のやぐらは珍しい。すなわち、扇ノ井(鎌倉十井)、800年間同じ地に住み続けてきた本田家、本田(本多)家の御先祖様の墓(やぐら)、最大級の広さのやぐら、大型の2階建(造り)のやぐらが揃っているのだ。  車庫の横、高橋宅の通用口から入って見させて頂いた。残念ながら、大型の2階建(造り)のやぐらは鉄筋コンクリートで補強されているが、最大級の広さのやぐらには各隅に梁を通した溝が残り、朱垂木やぐらを思い起こさせる。こうした補強で変わってしまっていくことが残念であるが、史跡指定もされずにいることは不思議な感じがする。 (表紙写真は扇ノ井)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 本田家駐車場奥にポンプが見える。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石碑の「井」は見える。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 扇ノ井(鎌倉十井)。窓が付けられ、本田家の娘さんが開...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「扇ノ井」。側面には「贈 鎌倉ライオンズクラブ」と彫...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 傍の小さな石碑は鎌倉石のために磨耗して文字が見えない...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「扇ノ井」と井戸水を汲むためのポンプ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ポンプ。井戸水は飲めないが庭の打ち水に使っているよう...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ポンプ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石仏と「扇ノ井」のポンプ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石仏。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石仏。建立年は見えない。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 横須賀線沿いを流れる「扇川」も名を貰っている。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,東海道歴史散歩(茅ケ崎編)
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
kabakabachan
鎌倉の旅行時期
2017/05/28~" . 2017/05/28
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

東海道歴史散歩(茅ケ崎編)

今回は、茅ケ崎から、平塚に至る東海道に沿って、ハイキング兼神社仏閣を見学。約10?の行程であった。いくつかの新発見をした。茅ヶ崎駅北口から、国道1号線へ向かい、最初の信号のところにある一里塚(これは江戸から数えて14番目になる)を見る。そこから1号線を下り、途中東海道松並木(現在修復中)で、松が徐々に繁り始めている。本格的な松林になるには、これからも相当の年月がかかると思われる。円蔵寺を眺め、十間坂の信号をこえ、第六天神社へ向かう。十間坂といわれる如く、神社の裏手は、坂となっており、大変大きな松があり、頂上には、トンビが巣を作っていた。さらに進み。鳥井戸橋を超え右手に折れると、鶴嶺八幡宮の参道である。松が参道に植えられており、日差しを遮ってくれているので、よかった。八幡宮の右手の奥には、龍前院がある。丁度住職がおられ、丁寧に由来など説明をしていただき、1600年代からの歴史を振り返ることができた。ここの五輪塔のいずれかが頼朝のものといわれているとのこと。昔は、大小合わせて146の五輪塔があったが、盗まれ現存しているのは、80体とのこと。来た道を引き返し、1号線へ戻り、平塚方面へ向かう。途中、旧相模川の橋脚が、関東大震災で出現したもののレプリカがあり、江戸時代の橋の素晴らしさを感じた。さらに上国寺、信隆寺、馬入橋、蓮光寺、眞福寺をみる。江戸から15番目の一里塚跡の碑をみて、足を平塚駅へとすすめた。遅い昼食を平塚駅のラスカビル内のレストランでとり、解散となった。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 茅ヶ崎駅
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 一里塚(江戸から14番目)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 円蔵寺
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 マンホール
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 十間坂
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 第六天神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 裏手の大きな松の木に、トンビの巣。昨年は、トンビの卵...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 国道1号線の旧家
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鳥井戸橋
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鶴嶺八幡宮
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 参道
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 庚申塔(江戸時代1657年)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 庚申(故野中のどれかが、頼朝のものといわれている)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 住職のご説明
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 神明大神
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江戸時代の橋脚保存場所
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 馬入橋の入り口
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 馬入川
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平塚の一里塚跡
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平塚駅
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 駅ビル内
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉歴史文化交流館
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2017/05/15~" . 2017/05/15
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉歴史文化交流館

 鎌倉歴史文化交流館が開館するということで開館時間に間に合うように出掛けた。この場所は旺文社の創設者・赤尾好夫氏(明治40年(1907年)?昭和60年(1985年))の邸宅跡である。私が受験生であった45年前にはもう「試験に出る英単語」(出る単)になっていたが、それ以前は「赤尾の豆単」(1942年初版)が受験生の必携アイテムであった。  この場所に平成16年(2004年)に英国の著名な建築家ノーマン・フォスター氏が設計を手掛けた建物に建て替えられ、それを平成25年(2013年)に鎌倉市が購入した。鎌倉歴史文化交流館の建物はその建物を利用して展示スペースに変更されたものである。館内のトイレは白黒の一松模様で、さすがに安普請ではある。しかし、赤坂迎賓館や駒場・前田本邸の大理石を見た後ではさすがに見劣りはするが、建物の外壁や内壁の大理石はそれなりのものかも知れない。  数年前にここを通った時には隙間から石鳥居ややぐらが見えたが、この石鳥居は撤去され、神社は葛原岡神社にお祭りしてもらったのだそうだ。また、やぐらに見えた横穴は赤尾氏が掘らせたもので、上がかまぼこ型のやぐらなど鎌倉周辺には存在しない。それが4穴もあった。他には鎌倉時代のやぐらが多く残っていた。元々、この場所は無量寺谷と呼ばれ、鎌倉時代には無量壽院があった場所で、この奥には手掘りのトンネルが2つもあり、塔頭があったようだ。「新編鎌倉志」(貞享2年(1685年)に刊行)には昔は無量寺があり、泉涌寺の末寺であったと伝えられているとあり、すでに江戸時代には廃寺になっていた。  また、建物の端に朱塗りの建物があり、屋根の棟に鴟尾(しび)と鬼瓦が載っていて驚いた。これは茶室なのだという。わびさびからおよそかけ離れた茶室にいびつな鴟尾(しび)と鬼瓦。興覚めした。  赤尾氏は以外とげてもの好きだったのかとも思った。  とりあえず、武家の古都・鎌倉が落選してもう二度と世界遺産になれることなど決してなくなってしまってから、初めての市の施設である。それが鎌倉市の施設ではこじゃれた建物なので安堵もした。この坂の下には古我邸(レストラン)があり、平日でも大賑わいである。100年前に建てられた鎌倉随一の別荘と21世紀になってから建てられた鎌倉歴史文化交流館の建物を巡ることができるようになったのだが、果たしてレストラン古我邸のように賑わうのか、それとも鎌倉国宝館のように静寂が保たれるのか、興味のあるところだ。 (表紙写真は鎌倉歴史文化交流館)    注。日曜・休日は休館。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 駐輪場。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石鳥居は撤去されている。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 赤尾氏が掘らせた横穴。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 赤尾氏が掘らせた横穴。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 赤尾氏が掘らせた横穴。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 同じレプリカを飾るのならば、御嶽神社(畠山重忠所用)...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 廊下。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 安普請のトイレ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 2階への階段。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石橋。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 枝垂れ桜。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 茶室。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 片方には鴟尾(しび)。もう片方には鬼瓦。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉割烹八百善から朝夷奈切通し越え
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ジバゴ
鎌倉の旅行時期
2017/04/22~" . 2017/04/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉割烹八百善から朝夷奈切通し越え

22日のメインイベントは鎌倉十二所にある割烹八百善での「江戸料理大全」出版記念イベントへの参席である。昼食と講演、サイン会がある。終了後に帰宅するルートを「朝夷奈切通し」越えとした。 開始までの時間を有効に使おうと思い朝早く宿を出て鎌倉駅に着いたのは6時半位だった。江ノ電に乗り長谷駅で降り目指すは御霊神社。何故かと言うと境内に植えてある「八丈千鳥」というアジサイを見たかったのである。時期的に早過ぎるのは承知の上でどうしても来たかった。去年は11月に来たがもう咲き終わっていた。 来月に又来る予定をしている。 ・八百善とは 八百善(やおぜん)は、江戸時代に会席料理を確立し、江戸で最も成功した料亭のひとつである。 享保年間に浅草山谷で創業して以来、栄枯盛衰を繰り返す。山谷堀の名店として人気を集め、上野店も出したが、関東大震災で壊滅し、移転した。もともとは八百屋だったが、周囲に寺が多かったことから料理の仕出しを始め、次第に料理屋として評判を取るようになった。 2004年3月まで江戸東京博物館のレストランとして江戸料理を現代に伝えていた。その後、2013年5月8日に鎌倉十二所にある五大堂明王院境内にて、ほぼ10年ぶりに料理屋としての店舗を、十代目栗山善四郎、栗山雄太郎が復活させた。 2017年1月には、江戸から現代まで継承される江戸料理の集大成を記した、「江戸料理大全」を誠文堂新光社より刊行した。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 前日泊まった宿 JR石川町近くのホステルZEN  ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ここは松影町というところで寿町の隣町。 昔はドヤ街と...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 天井までアート 何が描かれているかと考えたら、枝を...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 屋上の広場
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉駅西口 江ノ電のりばが右手方向にある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 時計台広場、以前にココで昼飯替わりにパンを齧ったこと...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 今日はファミマでおにぎり2ケとアイスコーヒーのテイク...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江ノ電改札
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 電車が到着コレに乗った。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 長谷駅で下車
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 歩いて5分ぐらいで御霊神社が見えてきた。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 線路の向こうが御霊神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ご神木 たぶの木
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鳥居越しに電車が通る
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋葉神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夫婦銀杏 左が雄 右が雌
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 袂石 たもといし 60キロ たぶん右 手玉石 10...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お目当てのアジサイ「八丈千鳥」 葉が茂っています。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 名前のように八丈島に自生している珍しいアジサイ。 ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 葉のアップ、なかなか成長盛んで丈夫そうな感じ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 御霊神社から帰る道すがら見かけたある家の塀 躑躅の...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鎌倉駅東口 最近オープンしたシアル バスが来るまで...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 泉水橋で降りて左に曲がる
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 左側の山がハゲている下が八百善
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 案内板がありました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ココが八百善で明王院境内に店がある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 近くを撮影することに
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 門をくぐり露地を進む。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ここが入り口玄関、大正時代(築百年)に建てられた日本...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 献立表
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 始まるまで店内を撮影 これは松平治郷(不昧)揮毫の...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 湯のみ 抱一とあるのは酒井抱一に関わる絵付け ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 立鶴の意匠
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大田蜀山人
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江戸時代に山谷(現在の東浅草)にあった頃の八百善の間...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 明治の八百善浮世絵
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 志野茶碗
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 天井
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 最初にに出てきた向付け 春鯵(アジ) 辛子酢味噌掛...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 銚子の下敷き
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 酒の銚子
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 碗  鰯酢煎碗 白髪葱 器は魯山人写し日月碗...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 見事な盛り付け
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お盆裏に治兵衛と朱漆あり、村瀬治兵衛作
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 焼魚 桜鯛魚田(ぎょでん) 叩き木の芽 これ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 器は遠州織部 小堀遠州の200年忌の際に作られ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 隣の人の器は鍋島焼
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 十代目栗山善四郎 八百善店主登場
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江戸っ子のべらんめえ口調で語る十代目 お話がざっく...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 中皿 海老挟み進上 青唐 レモン
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 四代目が書いた江戸時代の料理本「料理通」
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 黄龍五爪
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「料理通」全四冊
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 国指定重要文化財「旧一条恵観山荘」 でのお茶会チラシ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 小付 しらす茶碗蒸し 薄葛あん いままでで食...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 飯 青豆ご飯
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 香 酢取新生姜 はりはり
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 最後に薄茶が出てくる前に食べるお菓子 自家製で...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 八百善と金字で描かれています。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 料理の最後に薄茶がでます。  茶碗 古斑唐津
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 新刊本のサイン会を最後にイベントは終了 良い一...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 予定通りに八百善を出てから横濱までの帰り道を「朝比奈...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 暫く歩くと右手に案内板が見える。 この脇道がを入る。...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 山道らしく野草が目につくような自然環境がある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 射干ですね。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 分かりづらく見逃しそうでしたが、左側の岩肌の竹筒から...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 道が二股に分かれてます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 案内板によると左が朝比奈越えとなってます。右は十二所...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 入ると直ぐ右手に「三郎の滝」という滝がありました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 昭和16年3月建立 石碑
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 上り坂が続く湿った道を歩いていきます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石がゴロゴロしている個所もありました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 段差もありましたがそれほど急でもないので危険ではあり...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ひたすら登りますが汗が出ます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 磨崖仏が見えました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 神奈川県示標 どうやらこの辺りが峠みたいです。...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 下り坂
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 右手は熊野神社への道だそうですが、寄道しないで真っ直...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 初めて見ました。やけに青い石だなと不思議でしたが、よ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 この後スマホの電池切れで写真撮影出来ませんでした。 ...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉国宝館?2017年春
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2017/04/27~" . 2017/04/27
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉国宝館?2017年春

 鎌倉国宝館で始まった「鎌倉の至宝 優美なる慶派のほとけ」(2017.4.22( 金)?6.4(日))を覗いてみた。  今回の目玉は、「金剛寺阿弥陀如来及び両脇侍像」と「教恩寺阿弥陀如来及び両脇侍像」である。特に、教恩寺はいつ行っても人はいなく、猫が日当ぼっこしているようなお寺である。山門の彫刻は見ているが、未だご本像は拝んだことがない。  入口側の半室は常設展示のようで、前回と同じ仏像の展示であったがやはり素晴らしい仏像ばかりだ。特に、建長寺の千手観音座像はそれなりにバランスが纏まったものだ。  出口側には企画展示がなされている。これらの展示品には数点の国宝があり、さすがに鎌倉国宝館と思った。馬車道の県立博物館では国宝が展示されることはまずないようだ。  教恩寺阿弥陀如来及び両脇侍像はさすがに古めかしく、一度は見ておきたいと思っていた仏像である。この期間中はご本像は鎌倉国宝館にお出ましのために、教恩寺では他の仏さまをお祭りしているのだろうか? (表紙写真は鎌倉国宝館)
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,大磯発見 元吉田邸見学開始
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
kabakabachan
鎌倉の旅行時期
2017/04/08~" . 2017/04/08
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

大磯発見 元吉田邸見学開始

火事で消滅していた旧吉田邸の再建ができ、4月1日より土日祝日に限り見学ができるようになったのに合わせ、大磯地区を散策。日本庭園は、すでに見学可能であった。広い庭園に、七賢堂、吉田茂銅像などもある。建屋は、まだ木の香りも新しい。晴れた日は、窓から富士山を見ることができる。戦後の日本の歴史が、ここで生まれたのは、考え深いものがある。1号線をはさみ旧三井邸のある城山公園となっている。公園を通り、大磯郷土資料館で、この地区の土器などがたくさん飾られていた。大磯は、北山南海といわれ、北側に山があり、冷たい風を遮り、南から海の暖かい風を受け、温暖な地である。雨が降っていたので、バスで統監堂まで行き、昼食をChairoのカレーで、空腹を満たす。その後一号線を平塚方面に移動し、途中、鴫立庵、新島襄記念碑、高来神社、旧東海道、西村邸でのステンドガラス見学、最後に工場をリノベーションした食堂日日食堂で、カフェ休憩で盛りだくさんの散策をした。道中霧雨ではあったが、多くの桜が満開で、お花見兼ハイキングを楽しんだ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯駅発二宮行きのバスに乗り、城山公園で下車で、吉田...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 国道一号線沿いにあります
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 兜門@吉田邸
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 日本庭園
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 七賢堂
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 吉田茂の銅像、目線は、サンフランシスコを向いているそ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 再建なった吉田邸
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 ヒノキの湯舟
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 吉田茂氏が晩年使っていたベッドのレプリカ
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 城山公園内の横穴古墳
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯町資料館
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 昼食会場のChairoで、カレーライスを
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 鴫立庵
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 新島襄記念碑
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧東海道の松並木、残りがだんだん少なくなってきていま...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大磯宿
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 見事な枝垂桜
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 高来神社
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 神社本殿
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 近くにある象鯨美術教室
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 教室内の素晴らしいステンドグラス
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 内部はそのまま
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 懐かしい碍子
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 工場を改造したカフェ、レストラン日日食堂
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,新春 江の島と大船観音を周遊する
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
umechan2
鎌倉の旅行時期
2017/01/26~" . 2017/01/26
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

新春 江の島と大船観音を周遊する

新春 江の島と大船観音を周遊する。 1月26日(木)横須賀線・北鎌倉駅改札AM9.30集合で、元会社仲間五人で久しぶりに鎌倉と江の島を歩いてきました。 コース 前半 北鎌倉駅(9:30)--葛原岡・大仏ハイキングコース--大仏--長谷駅 後半 江の島駅(12:00)--江の島周遊--モノレール--大船観音
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 駅近くの食堂で昼食をとります。 喜食屋 しらす...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 磯料理 貝作 江の島の玄関口にたたずむ、貝作。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 名勝史跡 江の島 (12:39)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 弁天橋から見る富士山
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 富士山のアップ
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島 案内図 (12:44)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 女夫(めおと)饅頭 紀の国屋本店 (12:50) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江島神社瑞心門の所に出てきました。 弁財天仲見...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江島神社 瑞心門 江島神社は552年、欽明天皇...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 エスカー乗り場 (12:54) 国内初の屋外エ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 我々はエスカーに乗らないで、左手の石段を上がっていき...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江島神社 辺津宮 建永元年(1206)に源実朝...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 稚児ケ淵 この名は、鎌倉相承院の稚児白菊がこの...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 元祖海苔羊羹の中村屋 明治35年(1902年)創業...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江之島亭 男はつらいよ「寅次郎あじさいの恋」(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 伝頼朝寄進の鳥居 (13:14)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 力石 江戸時代に日本一の力持ちと言われた卯之助...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江島神社 奥津宮 入母屋造の社殿は天保13年(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 富士山がきれいに見えます。(13:21)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 岩屋と稚児ケ淵の分岐点
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 左の道は岩屋へ、右手の階段を下りて稚児ケ淵へ行きます...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 山二つ (13:09) 大きな海食洞の天井部分...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 中津宮広場 展望デッキよりの眺望 (12:57) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江島神社 中津宮 (12:59) 江の島の中腹...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島サムエル・コッキング苑入口 江の島の高台...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 あさひ 本店頂上店 丸焼きたこせんべいに長蛇の列で...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島シーキャンドル(展望灯台) (13:02) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島展望灯台と左手に富士山
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江ノ島電鉄 江の島駅 (12:03) 途中車内...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 釣りをしてます、何が釣れるのかな?
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 富士山と漁船
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 帰りは、参道への抜け道を歩いて行きます。 片瀬西浜...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 しらす問屋「とびっちょ」の店頭サンプル。。。おいしそ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 縁結びの夫婦桜 大船観音に見守られ、2本寄り添...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 湘南モノレール 湘南江の島駅 (14:25) ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 湘南モノレール 大船駅 (14:45) 乗車1...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音寺 参道 いつも電車内から眺めているだ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音寺(14:50) 拝観料:大人300円
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音寺 大船観音寺は、神奈川県鎌倉市岡本一...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 境内に桜が咲いていました。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石段の上に大船観音と鐘楼が見えます。 階段を上...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音は1929年(昭和4年)、地元有志の発起によ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 巨大な白亜の大船観音。 ふっくらした顔立ちと優しい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船駅を見下ろす。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音に別れを告げます。 この後、大船駅前で...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音 現在、大船観音は大船のシンボルとして...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音の内部の様子
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音の内部の様子 「千体仏」とは、植草等雲...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音の後ろ側へ回ると、胎内に入ることが出来ます。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音寺 慈光堂 正月三が日だけご開帳してい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音像へは、日本人ばかりではなく、東南アジア(特...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 江の島岩屋入口 「江の島岩屋」は、波の浸食によ...
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉文学館 2017.1.22
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
Ha_travel
鎌倉の旅行時期
2017/01/22~" . 2017/01/22
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉文学館 2017.1.22

2017.1.22 由比ヶ浜駐車場に車をとめて、シャトルバスで鎌倉駅へ。鎌倉bowlsで昼食。 江ノ電で由比ヶ浜駅まで行って、鎌倉文学館へ。 冬晴れで風が強い中、由比ヶ浜駅まで戻って江ノ電で鎌倉駅へ。江ノ電駅前のミニたい焼きが美味しかった。 シャトルバスで駐車場に戻った。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 館内は写真撮影禁止ですが、ベランダから眺めた海
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉化粧坂切通?春夏秋冬
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2008/06/~" . 2010/04/
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉化粧坂切通?春夏秋冬

 鎌倉七口の化粧坂切通は折れ曲がった急な坂道である。折れ曲がった下の方は何時通ってもぬかるんでいて、乾くことがない。化粧坂切通を上ると今は源氏山公園となっており、源氏山側には頼朝の像が昭和55年に建てられている。日野俊基公を祭る葛原岡神社も創建は明治になってから(明治20年(1887年))で、まだ120年余りしか歴史がない。日野俊基墓(昭和2年(1927年)4月に国の史蹟に指定)に建つ宝篋印塔も明治期に整備されたものと言う。墓前に建つ「贈従三位日野公墓碑銘」石碑が明治17年に建てられているが、日野俊基公は明治になってから評価され、生前は正五位下・右少弁だったが死後650年を経て四階位昇進した従三位を贈られ、それを機に墓が整備されたのであろう。神社に祭られるのはその後のことである。天皇に拝謁できる天上人でも最低位の下級公家が神社に祭られるのであるからそれ相応の階位が必要と思われたのであろう。明治維新の息吹が伝わってくる。旧日本軍での戦死者を特進させるのは、日露戦争(明治37年(1904年)2月6日 ~明治38年(1905年)9月5日))において軍神とされた広瀬武夫海軍少佐、橘周太陸軍少佐が、死後それぞれ中佐に一階級特進したのが始まりとなったとされるが、日野俊基公の例が先鞭を付けたのだろう。事実、旧海軍では下士官の特攻での戦死者には最大(日野俊基公の例と同じ)「四階級特進」まで規定されていた。実際には「二階級特進」までしか適用されなかったが、現代においても、警察官、自衛官、外交官の殉死者に「二階級特進」が適用された例があり、慣用となって残っている。  しかし、葛原岡は古くからの道が交叉している。北鎌倉浄智寺に向かう葛原岡ハイキングコースと大仏坂に向かう裏大仏ハイキングコースや寿福寺に通じる山道もある。舗装路では銭洗弁財天へと急坂を下って佐助、笹目町に出る路と梶原方面へ行く路がある。交通の要所だった葛原岡は市が立つ場で処刑場があり、首が晒された辻でもあった。日野俊基公は元弘2年(1332年)に葛原岡で処刑され、終焉の地が神殿左手に記されている。晒し首に施された死に化粧が坂の名に残ったと言われている。  物悲しい歴史を秘めた化粧坂切通にも毎年季節は移ろう。 (表紙写真は春の化粧坂切通)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 春の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 春の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 春の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 春の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 夏の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂切通の注意看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 冬の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「化粧坂」石碑。昭和15年3月に鎌倉市青年団が建てた...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 青葉の頃の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 {国指定史跡 化粧坂}看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂切通上の山茶花。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂切通上の山茶花。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 秋の化粧坂切通。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉市川喜多映画記念館旧和辻邸?2011年秋の公開
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2011/10/01~" . 2011/10/01
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉市川喜多映画記念館旧和辻邸?2011年秋の公開

 旧和辻邸は、哲学者の故和辻郎氏が江戸後期の民家を東京都練馬区において居宅として使用していたものを、川喜多川喜多長政・かしこ夫妻がここ鎌倉に移築したもので、夫妻はこの建物を海外から訪れる映画監督やスターたちを迎える場とした。桟瓦葺寄席棟の木造平屋建てである。  鎌倉市川喜多映画記念館敷地には旧川喜多邸があった。母屋は取り壊されたが、旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)は残っている。そしてこの建物が平成22年(2010年)9月1日に、国の「景観法」(平成16年6月18日法律第110号)に基づき、鎌倉市で最初に「景観重要建築物」に指定された。  はす向かいにある石島邸も旧川喜多邸別邸と言われている。こちらの建物は平成8年7月1日に施行された鎌倉市の条例「鎌倉市都市景観条例」により平成9年(1997年)に鎌倉市景観重要建築物第15号に指定されている。  鎌倉市の条例「鎌倉市都市景観条例」に対し、国の「景観法」に基づく「景観重要建築物」は建物に手を入れる場合に市長の許可が必要となるなど基準が厳しいために、一般民家では敬遠されるようで、市が保有・管理するようになり、人が住居していない旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)が最初に選ばれたようだ。しかし、明り取りの天井窓を除けば、何の変哲もない民家で、家格の低い玄関を持つこの程度の建物が、鎌倉市では「景観重要建築物」に指定されているのであるから驚きだ。  旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)の窓カラスは歪んでいた。東京国立博物館の庭園に移設されている九条邸ほどでがないが、古いものが残っているのであろう。土間からの上がり口の柱は太いが、入口の玄関の屋根は何もなく、回り縁側の庇の屋根と一緒だ。どうやら、この庇は後で増築して付け足したもののようだ。それなら玄関がみすぼらしい理由が理解できる。 (表紙写真は旧和辻邸の玄関)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧和辻邸。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧和辻邸。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 登りの坂の横にはやぐらが見える。廃寺跡なのだろう。鎌...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧和辻邸。廃寺跡の上段に建つ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧和辻邸。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 旧和辻邸横のやぐら前に咲く彼岸花。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐらが多くある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 縁側。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 土間の庇屋根。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 玄関。玄関の屋根がお粗末だ。こんな造りの玄関は横浜市...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 土間の窓の花瓶。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 土間の窓の花瓶。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 土間からの上がり口の太い柱。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 土間。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 囲炉裏が切られている。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 箪笥。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 居間の隅。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 居間の隅に箪笥。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 畳に椅子。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 畳に椅子。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 明かり取りの障子の天井窓。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎のスナップ写真。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎の奥の縁側。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎の奥の縁側。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎の縁側。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎と居間の続きの縁側。御座が敷かれている。 明り...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 書斎の本棚。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 縁側。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 銀杏の木。今年は台風の潮風が当り、もう葉が色付いてい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 畳に椅子。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉の石碑巡り(1)?源氏山界隈、化粧坂、大船界隈
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2010/01/~" . 2010/01/
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉の石碑巡り(1)?源氏山界隈、化粧坂、大船界隈

 鎌倉には戦前に建てられた石碑が多くある。それを巡ろうと出かけた。鎌倉市教育総務部教育センターのWeb:鎌倉市GreenNet「鎌倉の石碑」(http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kyouikuc/sekihi18.html)を頼りに、ここに掲載されている84の石碑を順次巡った。結論から言うと、このWebでは石碑の所在地の番地や時には町名までに間違いがあり、これを頼りに全部巡ることはとても出来ない相談だ。実際に鎌倉市教育総務部教育センターの者が石碑の所在地を確認してWebに掲載したものと思われるが、まるで小学生以下の仕事ぶりだ。少なくとも、鎌倉町は昭和14年11月3日に鎌倉市になっているのであるから、これ以降の昭和15年3月や昭和16年3月に建てられた石碑が鎌倉町青年団ということはありえようか。石碑には鎌倉市青年団と彫られている。碑銘が正しくないものも何碑か見受けられる。税金を払っている鎌倉市民は抗議すべきかも知れない(。電話番号:0467(23)3000 Fax番号:0467(24)5569 内線番号:2465 メールアドレス:kenkyu@city.kamakura.kanagawa.jp)。実際に行かれる場合には鎌倉史跡碑事典(http://www.kcn-net.org/sisekihi/menu.htm)(83石碑)で調べてからの方が確実であろう。  日蓮上人の所謂「辻説法」の旧跡を示す石碑も、今も大路の2箇所にある。「日蓮大聖人辻説法之旧地」(本興寺、建立年は不明)(大町の本興寺門前)と「日蓮上人辻説法之阯」(鎌倉町青年団、昭和11年)(小町2丁目)である。当時は大町、小町ともに鎌倉の繁華街であり、そこの辻で日蓮上人が説法したことはあっただろう。どちらとも言えない。しかし、「俊基朝臣墓所」(鎌倉町青年会、大正6年)と「玉縄首塚由来」(玉縄史蹟顕彰会、昭和43年)と「稲村崎」(鎌倉町青年団、大正13年)と「主馬盛久之頸座」(鎌倉町青年団、昭和10年)と「勝長寿院旧蹟」(鎌倉町青年会、大正6年)の5つは建てる必要のないものである。墓前に立つ大きくて立派な「贈従三位日野公墓碑銘」(明治17年)と古くて(建立年は剥離して判読できない)立派な「玉縄首塚碑」、公園の石碑群の中心となる古い「稲村崎碑」(明治27年)の石碑があり、「主馬盛久之頸座」の横には古い「盛久頸座」の石碑(大正8年)があり、「勝長寿院旧蹟」(大正6年)の横には古い「勝長寿院旧蹟址碑」(明治42年)があるからだ。また、「玉縄城址」は2つあり、何やら「大森貝塚」碑のようだが、団地内にある新しい石碑(鎌倉友青会、昭和31年)は記載内容に乏しい。これに対し、諏訪壇(城祉)登り口にある石碑(鎌倉同人会、大正15年)の方が古く、記載内容もしっかりしている。したがって、「玉縄城址」(鎌倉友青会、昭和31年)は蛇足である。石碑建立当時に「事業仕分け」があったならば、蓮舫議員でなくても「2つはいらないでしょう。」となる。付け加えると、平成12年に建てられた頼朝墓前の「頼朝公顕彰碑」(源頼朝会)は新し過ぎよう。  全てが公開されている訳ではない。「偏界一覧亭旧跡」は瑞泉寺裏山にあるが、鎌倉石の階段が磨り減ってしまったとして公開中止になっている。実際に公開中止に到った理由は、この史跡がいたずらされたことがきっかけのようだ。一人の心ない行為が鎌倉を訪れる人たちの楽しみを奪ってしまう。  現在、石碑がないものもある。「和賀江嶋」(鎌倉町青年団、大正13年)は昨年秋の台風で倒壊し、市文化財課で修復中である。  民家の敷地内にあるものがある。「永安寺址」(鎌倉町青年団、大正15年)は造園業を営む植政さんの庭にある。「荒居閻魔堂阯」(鎌倉町青年団、昭和13年)は民家(借家)の庭端に建っている。これらは民家の人に断ってからでないとならないのは言うまでもない。また、「玉縄城址」(鎌倉同人会、大正15年)は女子校(清泉女学院(中・高校))の敷地内であり、校門でその旨を告げ、校内受付で申請書をもらい、その書面に必要事項を記載して許可を受ける必要がある。  石碑の中には立地場所が悪いものがある。「西御門」(鎌倉町青年団、大正15年)と「桑ケ谷療養所跡」(長谷上町文化会、昭和37年)は道路上にある。いつ車が衝突するとも限らない。「桑ケ谷療養所跡」は新しいものだが表面には車であろう、こすれた痕が見られる。壊れてからでは遅い。道路から奥に引っ込めてほしいものだ。  最も重要なことは、これら大正6年以前にも鎌倉には石碑が建てられていることだ。「贈従三位日野公墓碑銘」(明治17年)と「玉縄首塚碑」と「稲村崎碑」(明治27年)、「盛久頸座」(大正8年)、「勝長寿院旧蹟址碑」(明治42年)は上述したが、他にもある。目に付いたところでは、光則寺石碑、御霊神社石碑(大正2年)、大江広元墓所石碑、毛利季光墓所石碑、「明治天皇閲兵之処」石碑(八幡宮)(明治6年)、「鉄道轢死之碑」(明治42年)、「復興寄師芳君之碑」(海蔵寺)、「竺僊梵僊和尚顕彰碑」(葛原ヶ岡ハイキングコース)(昭和15年)、「道路開墾記念之碑」(稲村ガ崎)(昭和13年)、「ローベルト・コッホ碑」(稲村ガ崎)(大正元年)、関東大震災慰霊碑」(浄泉寺)などが挙げられる。  一番気になる碑は、寸松堂(鎌倉市笹目町5)前の「これより東海道」の石碑である。昭和11年に有形文化財に指定されている店舗(木造2階建搭屋付(一見木造3階建)、九輪が上がる)を建てる際に、庭にあった石碑が邪魔になったので店先に移したものだそうだ。この裏には「塔之辻」(鎌倉町青年団、昭和4年)があるが、道路は交差していない。かつては辻であり、道路傍には道標があったのであろう。中砥にするような石の材質にも見え、丈夫そうだ。かつては藤沢から鎌倉を経由し、朝夷奈切通を越え六浦に至り、走水から房総に渡る「古東海道」があった。その道標である可能性もある。それならば400年以上前のものであり、貴重である。  まずは、JR北鎌倉駅から葛原ヶ岡ハイキングコースを辿り鎌倉山に至り、化粧坂を下ってJR鎌倉駅へ行くコースと、大船界隈から湘南モノレールで湘南町屋駅に行き、湘南深沢駅から湘南江の島駅に出て、江ノ島駅から江ノ電を乗り継いで稲村が崎に到るコースから始める。  湘南江の島駅はホームが4階にあるために、遮る建物もなく、富士山が綺麗に見えたのだが、窓ガラスが汚れたり、鉄芯が入っていたりして写真に収めることができなかった。湘南モノレールで訪れる多くの観光客のために、この素晴しい光景を観光資源化してほしいものだ。 (表紙写真は東慶寺の「夏目漱石参禅百年記念碑」石碑)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 竺僊梵僊和尚顕彰碑(碑葛原ヶ岡ハイキングコース途中)...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 竺僊梵僊和尚顕彰碑の傍には石の五重塔と「天柱峰」の石...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 竺僊梵僊和尚顕彰碑の傍には石の五重塔と「天柱峰」の石...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 顕彰碑の傍には石の五重塔と「天柱峰」の石碑が立つ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 葛原岡神社の看板。、
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 葛原岡神社の社殿。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 葛原岡神社の鳥居。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「藤原仲能之墓」(鎌倉町青年団、昭和11年)。源氏山...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 石碑後の伝藤原仲能の墓。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「贈従三位日野公墓碑銘」(明治17年) 。源氏山(梶...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「夏目漱石参禅百年記念碑」説明板(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 歌碑(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 歌碑(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 頌徳碑(安宅弥吉)(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 歌碑(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 野田卯太郎墓誌(東慶寺野田家墓地)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 向陵塚由来(東慶寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「俊基朝臣墓所」(鎌倉町青年会、大正6年)。源氏山(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 日野俊基の墓所。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 公園で遊ぶ園児たち。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「国指定史跡日野俊基墓」の説明板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「桜」の石碑。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 源氏山公園の頼朝像。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 昭和55年に建った「源頼朝公銅像」石碑。 「こ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 源氏山公園の桜の木に掛けられた注意書き。鎌倉でのお尋...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。石碑が見える。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。石碑が見える。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。道の真ん中に岩がある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂の注意看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 化粧坂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「化粧坂」(鎌倉市青年団、昭和15年)(扇ガ谷4-1...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「水鑑景清大居士」の墓石((平(藤原))景清の岩屋跡...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 崖のやぐら(景清の岩屋跡(景清土牢))の風景。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 海蔵寺境内の「復興寄師芳君之碑」。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 底脱の井(海蔵寺)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 海蔵寺の説明看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大きなやぐらは民家の物置に(薬王寺前)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 薬王寺の説明看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 岩船地蔵の六角堂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 やぐらには祠が(薬王寺前)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 この地にもやぐらと四方竹が(薬王寺界隈)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 参道の向こうにはやぐらがあり、墓前には花が手向けられ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「相馬次郎師常之墓」(鎌倉町青年団、昭和7年)(扇ガ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 相馬次郎師常やぐらの説明書き。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 相馬次郎師常やぐら。菊の花が手向けられている。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 藤谷黄門遺蹟(鎌倉町青年団、昭和4年)(浄光明寺入り...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺門前の「冷泉為相(ためすけ)卿旧跡」の石碑。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺入り口の石碑。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺の案内看板。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺山門。真言宗準別格本山泉涌寺派とある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺本堂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄光明寺不動堂。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「扇谷上杉管領屋敷迹」(鎌倉町青年団、大正11年)(...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「太田道灌邸旧蹟」(鎌倉町青年団、大正10年)(英勝...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「源実朝をしのぶ」生誕800周年記念の石碑。平山郁夫...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「源氏山」(鎌倉町青年団、昭和3年)(寿福寺入口)。...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 岩窟不動。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 岩窟不動尊。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 参道横の五輪塔。             
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 参道横の庚申塔。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 常楽寺山門。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 粟船山中腹の姫宮(泰時の娘)の墓。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 粟船稲荷。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 常楽寺山門に架かる扁額。大船の地名は粟船が訛ったとさ...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 粟船山山頂の木曽義高の墓。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「木曽清水冠者義高公之墓」。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「木曽冠者義高之塚」(鎌倉同人会、大正15年)(大船...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 涼蔭(常楽寺)(昭和14年)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「涼蔭」石碑に謳われた銀杏。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「玉縄首塚碑」(戸部会館前)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「怨親平等 玉縄首塚由来」(玉縄史蹟顕彰会、昭和43...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 馬頭観音と六地蔵の後には「玉縄首塚碑」が建つ。 
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 六地蔵。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 五輪塔。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お地蔵さま。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 馬頭観音。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 歌碑(龍宝寺境内)。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 龍宝寺山門。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 龍宝寺本堂。昭和35年に大岡博士の設計で建立された。...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「玉縄城址」(鎌倉同人会、大正15年)(清泉女学院校...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪壇に登る階段。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪壇。テニスコート3面分ぐらいある。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪壇の空堀跡か。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 諏訪壇から降りる階段。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 かつての玉縄城には校舎とグランドが広がる。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 学院の坂南側に咲くタンポポ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「玉縄城址」(鎌倉友青会、昭和31年)(植木433-...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 庚申塚に建てられた。 庚申塚は街道脇などに建て...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 山道には下水管が埋設されている。昭和30年代頃のコン...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 玉縄城址の城山で宅地開発されて残った森は保全されてい...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船観音。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 大船軒。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 小阪邸長屋門(江戸時代の名主の屋敷)。おばあさんが平...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 平井邸長屋門(江戸時代の名主の屋敷)。鎌倉市が設置し...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 「鎌倉彫再興碑」(昭和54年(1979年))。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,鎌倉釈迦堂口切通?2011年冬
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2011/12/04~" . 2011/12/04
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

鎌倉釈迦堂口切通?2011年冬

 大町釈迦堂口遺跡が国の史跡に指定される頃から釈迦堂口切通は受難続きである。2010年4月28日の豪雨による両入口の大量の落石。直後の5月には国史跡指定。晴れ舞台であるはずの日の状態が、まるで信じられないような様での指定であり、国指定史跡の歴史の中でも稀有のことであろう。本来であれば国史跡申請時の状態に復旧した後に指定されるべきもののように思う。この後、7月頃になって、ようやく浄明寺側と大町側の入口近くに立ち入れないように扉付きの柵が設置された。そして、瓦礫の山の状態で、柵の設置の前に国史跡指定を優先させたそうしたやり方のまずさからであろうか、落石した土砂を撤去した矢先の2011年3月11日には東日本大震災が発生した。この地震で浄明寺側道路の崖面が崩落し、やはり落石がごろごろという状態に戻った。そのために浄明寺側には手前にもう1つ柵が設置された。その後、この浄明寺側道路崖面の落石は取り除かれたが、2011年9月21日に浜松に上陸し、一直線に日光を通過した台風15号の風雨により浄明寺側入口手前の柵の中は再び倒木で埋まってしまった。それから2ヵ月半経つが、もう復旧の予算がないのか、鎌倉市だから仕事が遅いのか、あるいは仕事をしないのか、予想される如くのままである。  2011年9月22日の報道発表されたユネスコ世界遺産センターへ推薦書(暫定版)が2011年12月1日に鎌倉市のHPに掲載されたが、構成資産一覧には「朱垂木やぐら群」(建長寺)、「百八やぐら群」(覚園寺)、「まんだら堂やぐら群」(名越切通)も見える。では、大町釈迦堂口遺跡にある「唐糸やぐら」、その隣の石仏と2基の石燈籠が並ぶやぐら、「日月やぐら」などなど64基の一大やぐら群は「朱垂木やぐら群」、「百八やぐら群」、「まんだら堂やぐら群」と比較して劣るのか。公開される機会が少ない大町釈迦堂口遺跡やぐら群ではあるが、内容としては世界遺産の構成資産に値するものであろう。  こうした釈迦堂口切通の受難を目の当りにしてみると、釈迦堂口切通は江戸時代、あるいは明治以降に軍が掘ったとかの説も検証してみる必要があろうか。釈迦堂口切通の上には釈迦堂小切通があり、これは鎌倉時代からあったものであろう。釈迦堂口切通には隧道内にやぐらがあるが、それが鎌倉時代から室町時代初期に掘られたという保証なないからだ。  浄明寺側に青のビニールに覆われうず高く積まれた残土が、釈迦堂口切通の苦難を伝えていようか。 (表紙写真は落石を集積した残土の山)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄明寺側入口近くの柵。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 浄明寺側入口近くの柵。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 落石を集積した残土の山。
鎌倉の旅行記
鎌倉・湘南 ,お塔の窪やぐら(鎌倉・十二所馬場ヶ谷山中)?2012年冬
鎌倉の地域
鎌倉・湘南
鎌倉への旅行者
ドクターキムル
鎌倉の旅行時期
2012/02/01~" . 2012/02/01
旅行テーマ 【歴史・文化・芸術】

お塔の窪やぐら(鎌倉・十二所馬場ヶ谷山中)?2012年冬

 鎌倉市十二所の馬場ヶ谷山中にあるお塔の窪やぐらを目指す。十二所神社下で滑川に注ぐ吉沢川に沿った道はぬかるんだ悪路である。しかし、さすがに乾燥注意報が続いた後では少しばかりのぬかるみ程度になっている。  地図で見るとお塔の窪やぐらは、大平山から流れ出る本流ではなく、天台山から流れ出る支流にある。十二所の民家が途絶えるあたりから湿地帯を進み、途中、吉沢川の河床の岩を登り、2本の丸木の上に板を渡した橋をゆっくりと慎重に渡る。このあたりからは支流沿いに山道があり、最初のやぐらが見える。そこから数10mも進むと2つのやぐらが並んでいる。この手前のやぐらがお塔の窪やぐらだ。この後は沢沿いに何本かの倒木の下を潜りながら進むと沢道から尾根道になる。岩盤の尾根道は貝吹地蔵下の平坦になったあたりの天園ハイキングコースである。沢道では全くの無風であったのに尾根道では飛ばされそうになった。今日は大風なのだ。  お塔の窪やぐらの中に、北条高時の供養塔といわれる五輪塔を囲んで、「籾塔」ではないかとされる18基の宝篋印塔がある。このうち、奥のものが写真では壁面を掘り出したように見えたので確認しにやって来た。しかし、壁面を掘り出した籾塔は一つもない。奥の壁面にも彫刻はないようだ。 (表紙写真はお塔の窪やぐら)
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 吉沢川の河床の岩を登るのがここの道だ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 向こう側の河床には水が流れている。吉沢川の本流だろう...
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 丸木橋を渡ると最初にあるやぐら。2基の五輪塔が並ぶ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 並んだ2基の五輪塔。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 十二所の分岐点。瑞泉寺方面の道標が新しくなっている。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 2つ並んだやぐら。右がお塔の窪やぐらだ。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お塔の窪やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お塔の窪やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お塔の窪やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お塔の窪やぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 左のやぐら。
鎌倉の写真
鎌倉の旅行記 お地蔵さま。

旅行のクチコミサイト フォートラベル
鎌倉  歴史・文化・芸術 の旅行記


アウトドア・スポーツ体験 /  イベント・祭り・花火 /  エンターテイメント・テーマパーク /  クルーズ /  グルメ /  ゴルフ /  ショッピング /  スポーツ観戦 /  ドライブ・ツーリング /  ビーチ・島・リゾート /  マリンスポーツ /  温泉・エステ・癒し /  家族・子連れ・バリアフリー /  花見・紅葉 /  寺社・札所めぐり /  自然・動物 /  出張 世界遺産・遺跡 /  鉄道・乗物 /  登山・ハイキング /  夜景 /  歴史・文化・芸術 /